So-net無料ブログ作成
検索選択

栃木SC [栃木SC]

ここに来てくださっている皆さんがご存知のように、私はFC東京を応援している。現在東京に住んでいるし、住んでいる場所はFC東京の本社の近く。
Jリーグは地域密着を目指しているのだから、私が東京を応援するのは当たり前と思っている。

しかし、である。
もし、J1に、出身地のチームが他にあったら・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中澤聡太選手 期限付移籍加入のお知らせ [FC東京]

今日、公式HPに発表になっていました。

東京のHP

柏のHP

愛媛で観戦したときには控えにも入っていなかったので、帰ってから柏のHPを見たら、3月終わりに膝をやっちゃってたんですね。
左膝内側側副靭帯損傷で全治約6週間。

治っても、出るところなくなっちゃったのかな。

モニ。増嶋に続いて、またイケメンライバル登場ですよ!

で、いつ使うの?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ユニクロに… [FC東京]

こんなTシャツがあったので、思わず買ってしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

次期代表監督はオシム? [サッカー(FC東京・栃木SC以外)]

なんか、キャプテンが言っちゃったみたいですね。

私は、その後の会見だけを見たのですが、何となく歯切れの悪い言い方に、多少不自然さを感じました。
そして、その後のニュースで「失言」を知りびっくり。
そんなこと、うっかり言うかなぁ。ったく。
協議の結果、「仕方ない、言っちゃえ」みたいな感じだったのかな。そりゃあ、歯切れ悪いわ。

私の中では、これまで
FC東京 > 代表
だったのですが、オシムになったら、代表ももっと応援しちゃうかも。

そうだ…
代表チケットって、取りにくいし、おまけにJリーグと比べると、恐ろしく高いんですよねぇ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

赤坂グルメ [グルメ]

先日、友達と赤坂の「うまや」のランチに行ってきました。
ベルビー赤坂の裏手、パチンコ屋さんが乱立するあたりを抜けると、こんな落ち着いた佇まいのお店に着きました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

リンゴが車道に! [そのほかの日記]

信号待ちしていると、目の前を通過しているトラックの荷が崩れて、荷のリンゴが大量に交差点にばらまかれた!
進めません。

左に写っているのがリンゴのトラック。
荷台の囲いの手前側が開きかかって、こちら側に荷が崩れました。

この後、あちこちの車からみんなが降りて行って、リンゴの回収。
あっと言う間に片付き、通れるようになりました。

でも、あの後トラックの運転手さんがどうしたのか、ちょっと心配です。
携帯で、どこかに連絡を取っていたようでした。

ちなみに、場所は、大田市場の近くです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐藤由紀彦選手が期限付移籍 [サッカー(FC東京・栃木SC以外)]

少し前にですが、柏のHPに出ていました。

先のことですが、10月に柏の葉で行われる、柏対ヴェルディを見に行く話が職場で出ています。
参加しようかどうしようか迷っていたのですが、ユキヒコ出るなら、行こうかな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本クラブユースサッカーU-18選手権 関東予選2次リーグ第5節 【2006年サッカー生観戦28試合目】 [FC東京U-18]

 FC東京U-18 -1 浦和レッズユース @深川グラウンド

先制されるも、きっちりと返し、引き分けで終了しました。
全国大会出場です!

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Jヴィレッジ [FC東京]

ヴィレッジへ行ってきました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

カルティエ現代美術財団コレクション展 [そのほかの日記]

東京都現代美術館(江東区)で、「カルティエ現代美術財団コレクション展」が開催されている。

HPはこちら

「主な展示作品」から作品の写真が見れる。

私が「すごい!」と思ったのは、一階入り口にあった≪ブルーストの安楽椅子≫と≪イン・ベッド≫。

≪ブルーストの安楽椅子≫は、3m×3m×3mの巨大椅子。ファイバーグラス製なのに、やわらかな質感を感じてしまう。
本当は硬い素材のはずなのに、触ったらふんわりとやわらかいのではないかと錯覚する。

≪イン・ベッド≫も実際の人間よりもかなり巨大だ。
しかも、皮膚のしわや浮き出て見える血管、目や髪の毛まで、本物の人間そっくりで生きているようだ。それなのに、実際の人間より遥かに大きい。すぐそばに行ってじっと見ていると、感覚がおかしくなる。

芸術は、不思議なことに昔のもののほうが受け入れやすい。
現代音楽、現代書道などは、かなり難解なものが多い。
同じ時代を生きている作家のもののはずなのに、理解が難しい。

何かをわかろうとせずに、単純に、見て感動すればいいのかな?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。